2020年02月01日

シールをはってみよう 発見2  2~4はじめてのおけいこ 学研の幼児ワーク 大発見1~2

先日まで張り切って取り組んでいた「2歳 もじ かず ちえ」が終わってしまったので

KUMONのシールはってみようと併用して新しい教材を購入

レベル的に少し迷ったけれど、できるところまで取り組むのに「はじめての」ならちょうどいいかな





もちろん本人はとても気に入って「りんごちゃんやろう~」と抱えてきます♡

今回は素晴らしい発見をしました!!!


大発見!



言葉がけって大切!言葉一つで伝えられることもある!




発見②
IMG_4408.jpg



貼る場所は分かっている
桜のピンクの穴にピンクのシールを貼る、木の茶色の穴に茶色のシールを貼るということは
これは性格の問題なのか
ずれても気にしな~いというオーラ
まあ、いいんだけどさ





大発見
IMG_4409.jpg



「星から~まるぴったん!」(ぴったん=ピタッと止まれのニュアンス)
「星から~まるぴったん!」
書くごとに隣で声掛けをしたところ・・・
ソラも「まるぴったん」とつぶやきながら、まるで止まることを意識できていた!!!





発見②
IMG_4410.jpg


「星から~まるぴったん!」がさらに習得できている様子!!!
机がゴールなんてこともなくなり、嬉しい
線を書く力も強く感じました



【ソラを見ていて分かったこと】


▶シールがずれても気にならない

▶伝え方を変えると伝わることもある
posted by SORA at 08:00| Comment(0) | 指の運動(机の上) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

シールはってみよう KUMON 発見1

指の運動で書くことに重点を置いていましたが

他の動きも取り入れてみよう、なるべく易しいものがいいかな、と思って買ってみたのがコチラ



KUMONのおやこおファーストステップ シールはってみよう

対象は2、3歳~





シールをはがすところから若干、苦戦をしていたものの

本人は意欲的で目はキラキラ☆彡




発見①
IMG_4322.jpg



自由~自由~
一応、右上に見本があることはさらっと伝えたけれど、こんな具合
こういうのは自由でいい♪




発見②
IMG_4405.jpg



シール貼りが楽しいようなので、紙に1本線を引いてあまっていた教材シールを渡すと・・・
線の上に一列!きれいに貼れたね
シールの向きもだいたいあっている
意識して貼っているのかな




発見③
IMG_4406.jpg



お友達からもらったと園から持ち帰った折り紙(左)
わ~こんな風に上手に線が書けるんだ!と思いソラにも同じことをするように誘導(右)
筆圧はやはり弱い
しかーし、いつのまにか真っすぐな線が書けるようになっているじゃない
最近は教材ばかりで、まっさらな紙に書くことがなかったな
絵も描いていこうね



【ソラを見ていて分かったこと】



▶シール貼りは好き

▶シールの上下を意識している

▶筆圧はやはり弱い

▶線が書けるようになっていた!
posted by SORA at 13:16| Comment(0) | 指の運動(机の上) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

「幼児期の発達障害に気付いて・育てる完全ガイド」黒澤礼子

A4ほどのサイズで比較的薄い冊子のような一冊

開いてみて読みやすそうだな、が第一印象


自宅で改めて読むと、全体的に分かりやすい!

イラストとのバランスもちょうどいい教科書のような雰囲気

数冊この手の本を読んだけれど、専門書のようなタイプが多く、うまく読み切れなかったので今回は当たりだなと思えた








本の対象は幼児期 4歳~就学前とのことでソラにぴったり


まずは基礎知識
●こんな時は発達障害を考えて、という具体例


次にタイプ分け
●どういうタイプに当てはまるかのチェックシート
●8人の実例を見ての状況と経過


そして今から始められる対策方法
●家族ができること
●園ができること(園の先生にもすすめたい・・・)
●タイプ別の対策



1つ学んだこと
発達障害は3つに分けれる


①自閉性障害
②コミュニケーション障群
③運動症群


この中でも幾つかのタイプに分かれ
ソラの場合は③の運動症群の中の「発達性協調運動症」が近いかな


それが分かったうえで、こんな遊びがおススメですよという具体例が嬉しい



私はさっそくのりを買いに行きました


他にもすぐに始められそうな手先の感覚を育てる遊びがとても参考になりました


【この本が教えてくれたこと】


●ほめて育てることの大切さ

●症状を受け入れ、対策をしることの大切さ
posted by SORA at 09:00| Comment(0) | 親の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。